ナノクリアが通販で激安価格って噓でしょ!?今だけ特別とか!?

オールインワンジェルなのに、“独自の技術”で“高透・高保湿”の商品を実現して出来た“ナノクリア”。 通販で今だけ激安価格で購入出来ます。 この機会を見逃さないでくださいね。

肌質、洗顔の疑問!

ナノクリアの正しい使い方を知ったら1年後に差が出る!?

投稿日:

自分の時間がなくて、

きちんとしたお手入れが出来なかったけど、

ナノクリアならこれ1本で済ませる事が出来るから助かる。

 

そんな声の多いナノクリアですが、

どんなに素晴らしいものでも、正しい使い方をしなければ意味がありません。

 

そこで、今回は、ナノクリアの使い方を説明していきますね♪

 

 

ナノクリアの正しい使い方はこれ!

Step1・洗顔後、乾いた手のひらにナノクリアを適量(3~4プッシュ)出します。

Step2・指の腹や手のひらを使い顔全体とデコルテに優しく伸ばします。

Step3・目元、口元など乾燥は特に気になる部位には少量を重ね付けしてください。

 

手や腕、脚、ヒジ、ヒザ、くるぶしなどにも使うことが出来ます。

 

簡単、これだけで終わりですが、

使い方で気を付けなければいけないのは“優しく塗る”という事。

 

前回お話したように、

肌は桃の皮のように“薄くデリケート”なので、

 

マッサージ感覚で強く塗り込んだりすると、

それだけで、肌には大きな“負担”になってしまいます。

 

つまり、肌にとってもお手入れが

“オールインワン”で終わるのが理想的なのです。

 

 

例えば、今までのように、ラインで揃えて使うとしたら、

「化粧水、乳液、美容液、クリーム」と違うものを

何度も手のひらを使って、肌に乗せることが負担になる場合があるのです。

 

それが“一度で終わる”のですから、

特に“敏感肌”の方など、肌への刺激を抑えたい

肌質の人にとっては優しい化粧品になるわけです^^

 

しかし、“乾燥肌”が酷い!いう方は、

これ1本では物足りないと言われる方も・・・

 

そんな時は、今まで使っていた化粧水の後に使うなど工夫してみてください。

 

自分が使っていたケア用品と併用しても問題はないようです。

 

さらに、デリケートな肌の方でも使えるように、

「界面活性剤、合成香料、鉱物油、着色料、アルコール、パラペン」

これらの成分は一切使っていないので安心して使えますね♪

 

 

体験者の声を聞いてみました

【55歳の方の意見と感想】

オールインワンのアイテムは“若い人向け”と言うイメージがありました。

実際、何点か使ってみましたが、どれも保湿に満足できませんでした。

 

つまり、年齢を重ねた肌にはいくつかのアイテム

を使うしかないと思っていたので、

ナノクリアにも期待はしていませんでした。

 

(使用後)

これはいいかも、と思ったのは、

・独自の技術を使っている事

・フラーレンや幹細胞エキス・プリテオグリカン”が入っている事

・“界面活性剤”を使っていないこと

・高浸透・高保湿であること

 

を聞いて使いたいと思いました。

 

洗顔後にナノクリアだけで大丈夫かと心配でしたが、

アイテムをいくつも着けているような充実感が味わえました♪

 

 

 

 

【31歳の方の意見と感想】

30代に入った頃から保湿を頑張っているのに、インナードライと言われました。

 

やはり、年齢とともに“今までのお手入れでは

間に合わなくなって来ている”様で、

最近はスキンケア効果が感じられなくなっていました。

 

(使用後)

オールインワンなので心配でしたが、

“フラーレンや幹細胞エキス”が入っているので驚きました。

 

“シアバター”が入っているのでべたつくのではないかと気になったのですが、

そんなことはなくて、これなら、朝塗ったあと直ぐに化粧が出来そうですね♪

 

やはり、皆さんオールインワンでここまでの

成分が入っていることに驚かれているようですね♪

 

 >>ナノクリア公式サイトはコチラ!

 

 

-肌質、洗顔の疑問!
-,

執筆者:

関連記事

オールインワンジェルは敏感肌・オイリー肌・アトピーにも使える?

  化粧品を選ぶ時、一番気を遣うのが 「自分に合ったものがあるかどうか?」 「自分に合うかどうか?」 だと思います。   何を使っても改善されない、 どうしたらいいのかわからない。 …

教えます!正しい“洗顔料の組み合わせ”とあなたへの“オススメ洗顔料”

せっかく理想のスキンケア用品に出会えたのに、 何だか効果を感じられない。   そんな方は、もしかしたら・・・ ・洗顔料との組み合わせが合っていない ・洗顔の仕方が悪い   と言う事 …